スパークス:2020年3月期 (2019年通期)決算報告

決算

2020年3月期(2019年通期)決算について弊社代表取締役CEOの阿部修平よりご報告いたします。

本年初めから新型コロナウイルスによる感染被害が日本のみならず世界で拡大し日本でも多くの方が罹患(りかん)されたとういう報道がされております。罹患(りかん)された皆様、及び関係者の皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。

同時に、世界中のお医者様、看護師様、スタッフの方々、我々の生活のために動き続けてくださっている方々そして、それを支えるご家族の皆様に心から御礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染拡大を予防する様々な取り組みがされる中、緊急事態宣言を受け、当社では、東京オフィスを4月8日(水)より閉鎖してリモートワークを実施し、営業を継続しております。また、韓国や香港の拠点も2チームに分け出社するなど感染防止に努めており、各拠点ともにこれまで幸いにも事業は滞りなく継続出来ており、安定した事業運営が出来ておりますこと及びスパークスで働く仲間とその家族の命と健康を第一に考えて活動していることをご報告申し上げます。

さて本決算についてですが、営業利益は前期39億1百万円から44億79百万円へと、前期に比べて14.8%の増益となりました。

投資哲学を共有しつつ、日本株、アジア株といった上場株式への投資から、再生可能エネルギー、未公開株式、これらを「4つの柱」と呼んでおりますが、投資対象を多角化させながら、上場株式市場のボラティリティの影響を受けにくい事業ポートフォリオの構築を進めてきております。

新型コロナウイルスの影響により株式市場の低調な状況がたとえ長期化したとしても、グループ全体の業績に対する影響は、過去に比べて相対的に小さくなっており、安定的に基礎収益を維持・成長できるビジネスモデルの構築が確実に前進していると考えております。

詳細につきましては動画をご覧いただければ幸甚です。

  • SPARX EYE

    あなたにとって、「いい投資」とは、どんな投資でしょうか
    自らの経験・体験から育まれた投資哲学を、ご披露いただくコーナーです

    カテゴリトップへ
  • SPARX WAY

    SPARXが取り扱う投資信託や、市況について動画で解説いたします

    カテゴリトップへ
  • SPARX FAN

    SPARXの株主総会や決算・IRについて解説いたします

    カテゴリトップへ

Page Top