コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社および当社グループは、1989年の創業以来、「マクロはミクロの集積である」との投資哲学に基づく徹底したボトムアップ・アプローチによる投資を実践することで、多くのお客様の信頼を獲得すべく資産運用サービスをご提供しております。

今後も当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値向上を達成することにより、「世界で最も信頼・尊敬されるインベストメントカンパニーになる」ことで、「世界を豊かに、健康に、そして幸せにする」というミッションを実現できるよう努めてまいります。

当社は、コーポレート・ガバナンスの要諦として、社外取締役を含む取締役会において独立的かつ客観的な意見を取り入れつつ、迅速かつ適切な経営判断と相互監視を行い、監査役会において取締役の業務執行を監視、検証し適切な牽制機能を果たしていくことが重要と考えております。

詳しくはこちらをご参照ください。PDFダウンロードはこちら

Page Top