IR情報開示方針

スパークス・グループ株式会社は、株主や市場参加者の皆様が、SPARXグループについての理解を深め、適正な評価をして頂くために、信頼のおける情報を、公平、迅速、客観的な形で、開示、発信していくことをIR活動の目的としています。この目的を達成していくため、当社では、以下の方針に基づいて、IR情報の開示や提供、取材・お問い合わせの対応等を行っています。

1.開示の基準

スパークス・グループ株式会社では、金融商品取引法等の諸法令並びに東京証券取引所が定める「有価証券上場規程」等に沿って、当社についての情報の開示を行っていますが、これらの法定開示情報以外にも、株主や市場参加者の皆様の投資判断に資すると判断され適法である情報は、任意開示情報として、自主的かつ積極的に、開示していきます。

2. 開示の方法

スパークス・グループ株式会社では、公平、迅速、客観的な形式により情報の開示がなされるよう、細心の注意を図っていますが、情報開示のタイミングに関しては、金融商品取引法上の「インサイダー取引規制」に留意し、関連法令で求められている所定の手順に従っています。具体的には、まずは、発表内容が取引所において公衆の縦覧に供された後に、当社ウェブサイトにおいて、リリースした内容を掲載することとしています。また、IRに関するお問い合わせの窓口は、スパークス・グループ株式会社 経営管理部に一本化しています。

3. 未公開の重要情報に関して

スパークス・グループ株式会社へのお問い合わせは、既に発表されている情報か周知の情報に限定されます。したがって、一部の方に、未公開の重要情報や特定の情報を開示することはありません。

4. 業績見通しについて

スパークス・グループ株式会社の連結グループ業績は、市場動向に大きく影響を受け、予測が困難であることから、予想数値を公表していません。しかしながら、1)四半期毎の連結グループ業績報告、2)当社連結グループの収益基盤となる月末運用資産残高に関しては、株主や市場参加者の皆様に当社を適正に評価して頂く上で、特に重要な情報と位置付け、上記「2. 開示の方法」に従い、定期的に公表しています。

Page Top